#17 Never to go on trips with anyone you do not love.

裸足の奈津美が、砂の上に脱いだ白いコンバースへと帰っていく。

ゆらゆらと。まるでそこから躍り出た光のように。

くくり髪の奈津美の背中と、海岸線の小さな家々。

海も空もにび色の景色は、同じ色の風の中で奈津美が笑ったとき、時間が止まって見えた。

奈津美を中心に、自分と海とがぐるりと彼女を抱いていた。

少しだけ走って奈津美に追いつくと、やわらかく固まった砂の上を、手をつないで歩いた。

一度だけ短いキスをした。何も考えずに。満ち足りた気持ちが先立つまま。

・・・海はすごい。晴れても、たとえくもりでも。

並んで座った途端、ウソみたいにぎこちなくなる。何なんですかね、これ。

奈津美がひとり言のように、目に映るものを次々話題にしていく。

「ね、あれ見て。しらすとるのかな?」

「本当だ。しらすかもしれないね。可能性はある。」

「海辺の家って憧れるなー。潮風でやられるっていうけど。」

「うん、潮風だね、やられるとしたら。潮風が問題。」

奈津美の不思議そうな笑みは、下車まで途切れなかった。

電車を降りると、空はまた少し重みを増していた。

知らない家のガレージに、大きなクレマチスが垂れている。

それを指さそうとした手を、不意に早足になった奈津美が、いたずらぽく笑いながら、引く。

「ね、はやく戻ろ。」