これがキューバの心意気。

IMG_0158

これはキューバの国会議事堂だった建物、カピトリオと言うらしい。ハバナ旧市街にあり世界遺産です。

見ての通りアメリカ合衆国議会議事堂そっくりにつくられていて、何故かと言うと、最初スペインの植民地となったキューバだが19世紀の半ば頃にスペインからの独立運動が活発化し、1895年に独立戦争が勃発。この戦争にアメリカが介入し、アメリカとスペインの戦いとなったそ~です。そして1902年、アメリカが勝利したことによりキューバは独立するが、しかし、今度はアメリカの軍事政権による支配が始まった。

このアメリカによる支配は1959年、キューバ革命により革命政権が樹立するまで続いた。このとき活躍したのが、あのフィデル・カストロとチェ・ゲバラ。ふたりともキューバでは英雄です。

カピトリオは、このアメリカ支配のまっただ中、1929年に建造され、キューバ革命まで国会議事堂として使われたそうです。

それが故、アメリカコンシャスな建物になったのだけど、ワシントンD.C.のオリジナルよりキューバのカピトリオのほうが実は2インチ高い。たとえ支配されていても抵抗し服従はしない、こういう精神は見習いたい。

https://flic.kr/p/2iz6i3x

_MG_3433

IMG_0159

_MG_3498