チェ・ゲバラ

_MG_3704

これはですね、ブルドーザーです。んなぁこたぁ、見りゃわかんよ、とおもいのそこのあなた!

このブルドーザーこそが、ゲバラが盟友カミーロとともに指揮を執ったキューバ革命戦争、最後の戦いの舞台となったサンタクララで大活躍したのだ。

1958年12月、バティスタは政権を脅かすゲリラを一掃するため、装甲を施した列車に武装兵370人以上をハバナからサンタクララに送った。その一方、ゲバラと18人のゲリラ兵は列車の襲撃を企てたのだが、この作戦、自爆と言われても仕方のないものだった、らしい。

12月29日、ゲバラはブルドーザーを奪取、装甲列車を横転させ、列車がサンタクララに入る前に脱線させる。それから2時間も経たぬうち、ゲバラ率いるゲリラは手製の火炎瓶でバティスタ政府軍を壊滅状態にしたのであ〜る。これが革命軍側に決定的な勝利をもたらし、12月31日、バティスタは新年祝賀パーティーで突如として辞任演説を始め、その翌日、つまり1959年元旦にバティスタはキューバを脱出し国外へと逃亡。この戦いに使われたキャタピラー社製の黄色いブルドーザーがこれです!

この攻撃の成果により士気の上がった革命軍はサンタクララを占拠、革命最後の戦いはあっという間の2日間で終結を迎えたのでした。

_MG_3725
チェ・ゲバラ霊廟のモニュメント。キューバ、撮影に関してはとてもおおらかで、何でも撮っていいよというガイドのお墨付きもあるのですが、この霊廟内だけはチェに敬意を評して撮影禁止でした。

_MG_3518
ここはハバナにある革命広場。チェは内務省にいる。“Hasta la victoria siempre” 「常に勝利に向かって」と書かれている。

_MG_3520
かなーり離れるとこんな感じ。右にいるのはともに革命を闘ったカミーロ・シエンフエゴス。情報通信省にいます。

IMG_0585
ハバナにあるゲバラの第一邸宅。子供の頃から喘息持ちだったゲバラ、でもシガーは欠かせないしとても似合う。

IMG_0584
英語で“The City”と言えばロンドンを指し、“che”と書けばすなわちゲバラのこと。

IMG_0598
ゲバラ第一邸宅の前にある公園。興奮冷めぬまま、迎えのタクシーが来るのを待つ。

この映画はゲバラが医師を志し、医学生だったころ友達と南米をオートバイで旅をしていた時の日記をもとにロバート・レッドフォードが映画化したもの。