「老人と海」のサンチャゴはこの港から、まだ暗い夜明けに海原へ舟を漕ぎだしたのだ。

_MG_3469

コヒマル漁港。

ホテルが同じだったアイルランドから来た夫婦の奥さんが、ある朝、“老人と海”の単行本を手にしていた。

「今日はそこ?」と訊ねると

「そうよ、ヘミングウェイが大好きなの、あなたこの小説を知ってる?」

「もちろん。悲しい小説だよね」

「そうね、私もこれを読むと涙がとまらなくなるの。」

「わかるよ。帽子を持っていった方がいいよ、コヒマルは日射しが強い。」

「ありがとう、そうするわ。」

「ヘミングウェイは日本語に訳されたものしか読んだことがないんだ。」

「そう。」

「だからネイチャーに読める、あなたがうらやましい。」

「。。。。」

エレベーターを降りてロビーで話していると旦那が駆け足でやってきた。

「バスが来たぞ!」

「いま行くわ、じゃあ、よい日で。」

「ありがとう、あなたたちも。」

_MG_3476

アーネスト・ヘミングウェイの小説、“老人と海”の冒頭はこのコヒマル漁港のレストランからはじまる。

主人公の漁師、サンチャゴは毎日、日の上がる前、未だ暗いうちから海原へ舟をこぎ出して漁へ出ていたのだ。

80日以上不漁が続いても決して諦めることなく毎日漁へ出ていたのだ。

朝食はコーヒーを一杯、飲めればそれでもマシだった。
昼は舳先に吊した瓶に入った水。

でっかいカジキマグロと3日にわたる死闘を繰り広げていたときは、マグロやトビウオを捌いて生で食べていた。その時はライム、あるいは塩を持ってこなかったことを少し悔やんでいたサンチャゴ。

_MG_3460
_MG_3461
_MG_3462

これはコヒマルにある要塞。

アメリカ合衆国はキューバに対して経済封鎖をしていて、アメリカ合衆国経由ではキューバには入れないし、キューバで買ったものはアメリカ合衆国へ持ち込めない、のだが、なぜかアメリカ合衆国ではキューバ産の葉巻は高値で売れているらしい。

その一方でアメリカ合衆国から時々スピードボートでキューバへ遊びに来ちゃう人たちもいるらしい。

その上陸地点がコヒマルなのだが、この要塞はそれを見張るためにある。

_MG_3477