らふ・すけっち

きのうとおなじ時刻をとけいでたしかめること

さっきまでみてた夢のすじをコトバで説明しようとすること

わすれてしまったひの日記をこくめいにつけること

きみのしたをはしる風がいてひとこまごとをびりゅうしになった

あたしのせなかをおりる雲がいてたびのはなしをした

ずきっと燃える花の香が
あたり一面をとかしていく
あなたにおおわれ
あなたをおおい
おとのように風とまじわる
おとになる
その日
あたりをけむる草のうえに寝る